Introduction

今回は、リクエストがあったWukong Midにスポットを当ててみよう。WukongはBruiserとAssasinの中間、あいのこみたいな位置づけで、AOEダメージとAll-In能力に長けている。ゲーム序盤、Midの柔らかい連中をぶっ潰すことにかけては素晴らしいチョイスだ。

Strategy

WukonMidのマスタリーは21-9-0、スタンダードなAD Bruiser式でプレイする。Lv2帯域でのWukongは恐らく全Champ中最強で、強いて挙げるならば”非常に巧妙にKiteした場合のLucian”に次いで2位といったところか。

理想的にはLv1でEを使ってアグレッシブにプレイして、Lv2になったらJunglerのGank前にKillを狙いたい。対面がPot2個以外のSustain能力を持っていないなら、これが鉄板になりがち。

ClothArmor+Pot5を初手に持ってきた相手には、ちょっと考えてダメージ交換する必要があるが、それでもWukongはオラオラできちゃうだろうね。そうそう、Igniteのタイミングは早すぎないように!

Viability

Strengths:

  • 序中盤のずば抜けた強さ。
  • 優秀なAll-in AOE と単体ダメージはゲーム中どんな場面でも有効。
  • ステルスはほとんどのレート帯で、Goodなイニシエートとして機能。
  • ローミング能力の高さ。
  • Ultマジヤバい。

Weaknesses

  • 遠距離ダメージが皆無。
  • Sustainに難。
  • 敵JunglerにCampされやすい。
  • AD過多にならないよう、味方にAPが必要。
  • 中盤以降、Minion処理能力に長けたChampを相手にしづらい。

 

Why Wukong’s All-In Works

Lv1:Nimbus Strike(E)使用時のASボーナスにより、敵がWukongのRangeから逃れる前に数発AutoAttackを入れることができる。

Lv2:Eの追尾性能に加えて、Crushing Blow(Q)が射程300のバーストダメージをもたらす。肉薄したWukongのQは基本的に回避不可能。

まとめ:序盤のAutoAttackはSpellに比べ大きなダメージ源。距離詰めのEとRange増加のQにより、序盤スキルが1つしかないSpellcasterのラストヒット時を狙えば、一方的にダメージを与えられる。

One-Trick Pony?

序盤のAll-Inに失敗したとしたら、残りのゲーム中ずっと役立たずなのか?って思う人もいるかもしれない。Wukongはコケたら終わりの一発屋なのか?

幸運なことに、WukongにはCyclone(R)、AOEノックアップがある。序盤Failしてタワー下で土下座状態になっても、Gank時2vs2の場面で存分に役立てるしローミングもまた非常に良い具合ときてる。

今のところMid Champとして知られていないが、だからこそ驚異的なバーストダメージを利用して敵につけ入ることができるのさ。

 

元記事:Weird Picks #6: Mid Lane Wukong
※当記事はNerfplz.LOLオーナーSSJSuntastic様の許諾のもとに翻訳しています。

翻訳者:picopu